Feb/02/2014

Spring has come? - 2月の武奈ヶ岳

IMGP4374.jpg
2/1、武奈ヶ岳。雪が少ない?

日本列島が高気圧に覆われる予報の週末。絶好のスキー日和のはずなのに、相方は友達の結婚式で愛知に。最近どうも一人でスキーに行くほどモチベーションがあがらないので、残雪シーズンまでお預けにしていた雪山にも行ってみようか、と武奈ヶ岳を登ってみることにした。最近ゲットしたワカンをフィールドで使ってみたいという裏テーマも携えつつ。

数えてみたら冬の武奈ヶ岳はこれで5回目。最近は(といっても2年ぶりだが)好天に恵まれていない。予報でこれだけのコンディションなので、人出が多いだろうと見込んで6:20出発。坊村登山口の駐車場に7:30着。既に登山者と思われる車は10台そこそこ。道路の気温表示は−4℃。思ったより寒いが快晴なので気温がぐんぐん上がるだろう。早々に装備を整えて7:45にいよいよ出発。

最初は例のつまらん杉の樹林帯の急登。雪はちらほら。ぬかるみが凍ってシャーベット状に。これが意外に滑る。帰りは惨劇だなと思いながらガシガシ登る。尾根への駆け上がり手前からアイゼンを装着。

日陰は凍っているのでアイゼンはMUST。道幅が狭い上に斜面が急なのでスノーシューやワカン組は苦戦しているようだった。

IMGP4353.jpg
尾根に出て、「え?」

やっとこさ尾根に出て、びっくりというか、思った通りというか。雪が全然ない。アイゼン履いちゃってるので雪の被っているところを歩かざるえない。あっちへ行ったりこっちへ行ったり。まっすぐ直登したいんだけどね。2月頭の一応厳冬期の真ん中のはずなのだが、先週の気温上昇でだいぶ溶けてしまったのか。選手は雨も降ったんだろうなぁ。

いい天気の中、尾根を登っていく。放射冷却で気温が低いので、アイゼンの小気味よいサクサク音が気持ちいい。本当はこの辺でワカンでもふもふ登りたかったのだが、これだけ締まった、というか半分凍っているような雪では意味がないので残念。。

御殿山の山頂が近づいてくるに連れて、ようやく武奈の山頂が視界に入った。よくよく思い返してみると、ここでバッチリ山頂が見えるのは久しぶり。

IMGP4368.jpg
武奈の山頂、姿をあらわす

目的はこれ。青空の下、この尾根線をサクサク歩くためにここまで来たってもんだ。

IMGP4372.jpg
障害物なし!

尾根に出ても風は微風。フリースですら暑く、ロンT一枚で十分。やっぱ春?

IMGP4373.jpg
スリリングさはあまりない

アイゼンがしっかり噛むので恐怖感は全くない。

IMGP4377.jpg
琵琶湖は、見え・・・る?

10:15、ほぼ計画通りに山頂に到着。尾根は微風だったのに、ここは吹きすさぶ風が冷たい。早くも春霞か、琵琶湖までは見通せなかったが、それでも十分いい景色。

思ったほど人がいなかった。いつもだと山頂はカラフルな登山者でごった返すのだが。

IMGP4387.jpg
山頂から京都盆地を一望

予報通り下山の頃には雲が広がってきた。ここでやっぱり冬だったと思い出すくらい寒かったので早々に退散。本当は山頂でランチしたかったのだが。

IMGP4392.jpg
サッポロ塩ラーメン

下山時にシリセーダーズに出会った。やっぱ早いな、あれ。。

緩んだ雪が次第にmadなmudに変わっていく。予想通り下山した時の足元はエライことに笑。

ところでここ数週間、走りこんどいて良かった。雪はやっぱり体力食うし最後まで行けるか不安はあったけど、意外に余裕だったのは準備の賜物?(翌日の反動はなかなかのものだったが)

次こそは残雪期にもう一回。


posted by Ryo | Comment(2) | 山 mountain
Comment
どこも雪不足だね。
雪あるときに滑っておかないと終わっちゃうよ〜。
稜線のボコボコは足跡?
Posted by ヨウメイ at Feb/04/2014
ですね。今年の冬は気温だけ低い気がしますね。と言いつつ、今日からちょっと盛り返しそう?今週末は遠征予定ですわ。

ボコボコは足あとっす。一週間ほどまともな降雪がなかったらしく、そんなになってしまったみたいです。
Posted by ryo at Feb/05/2014
name: [must]

mail:

website or blog:

comment: [must]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。