Nov/27/2013

The 薔薇

IMGP3967.jpg
レヴェイユ、背景がいまいち

晩夏のものより少しピンクが濃くなった印象。最近の冷え込みが影響しているのだろうか。レヴェイユはもう一つシュートについた大輪を予感させる蕾が残っている。この夏、シュートの先端は敢えてピンチせずに一発にかけてみた。来週末には開き始めるはず。ハープシコードは蕾が5個ほど残ってて、おそらく次が今季最後のサイクルだと思う。

来春に向けてもしもう一鉢増やすとしたらどんなのがいい?、と相方に聞いてみたら「これぞ、The 薔薇」が欲しいとの返事が返ってきた。彼女の言う「The 薔薇」とは真紅のバラを指すらしい。ベランダ栽培なのでつるバラは駄目だし、大型種もダメ、あーだこーだ調べている中でとある品種に出会った。それは超メジャー品種で早速この冬流通する2年生大苗をまつおえんげいで予約した。まだ冬も迎えていないが、既に来春が楽しみで仕方ない。


Comment
name: [must]

mail:

website or blog:

comment: [must]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。